思いを重ねる

40代は人生の中盤戦

この画面は、簡易表示です

遊び、旅行

プチ修学旅行 奈良公園

プチ修学旅行 奈良公園

 

長男が3年生の秋に奈良県の奈良公園へ行きました。

少し前に「ちびまる子ちゃん」でぶー太郎が鎌倉の大仏に行った回があって、それを見ていた長男が大仏を見たいと言ったため、紅葉も兼ねて奈良の大仏を見に行きました。

 

愛知県では通常、小学6年生の修学旅行で京都・奈良に行きます。

私も小学6年生で初めて奈良に行ったことを覚えていますが、たいして勉強していなかった自分にとって修学旅行はただのお遊びというか、友達との楽しい旅行というだけで全く観光場所に興味がありませんでした。
もちろんそれはそれで楽しい思い出なのですが、今思うと中学受験したクラスメートはすべてに興味津々で、まさしく修学旅行を楽しんでいました。

 

そんな自分の反省も込めて、長男には早い時期から歴史や地理に興味を持ってもらえればなという思いもあり奈良公園へ行くことを決めました。

 

行く前の準備としてこの本を用意しました。

定価は3000円!もちろん図書館で借りてきました。

楽しみにしてくれたのか、勉強の合間合間にちょこちょこ読んだみたいで、大仏や奈良公園の鹿に興味を持ち、ついでに聖武天皇の名前も覚えていました。

 

前日からとても楽しみにしていたのですが、次男が夜中に高熱を出してしまい、夜中看病するとともに奈良に行けないことも覚悟しました。
季節的にインフルエンザの可能性もあったのですが、朝には熱が下がり、元気いっぱいではないものの行けると言ったので予定出発時間の7時から大幅に遅れつつも出発。

 

約2時間ほどで奈良公園に到着。
ここまでは順調でしたが、予想通り駐車場探しに時間がかかり、なんとか個人の駐車場が見つかりいざ奈良公園へ。

 

30年ぶりに訪れた奈良公園。はっきり言って全く覚えておらず、鹿がいた、大仏がでかかった。くらいの思い出です。

とはいえ自分達の意思で訪れた奈良公園はとても魅力的で、若草山の風景に鹿、大仏殿の荘厳さ。紅葉も相まって一大観光スポットだなあとつくづく感じました。

子ども達も普段は遊具で遊ぶの好きなのですが、まずは鹿に魅了され、そして大仏に圧倒されと、一日楽しんでいました。

 

修学旅行の前に奈良に行っておく、子供には早い段階で社会見学に興味を持たす。
実は少し前に進学塾の先生から社会科の始まる3年生にプチ修学旅行に行って下さいと言われていました。
行き先について本で調べ、現地で体感し、楽しかったと思わすことができれば社会の力が一気につくと。

 

今回のような刺激を子どもに与え、また親自身も懐かしみながら楽しむことが出来る。
素敵なプチ修学旅行、奈良公園に感謝感謝です。




top